スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四電が補正申請(愛媛新聞)

愛媛新聞8月6日朝刊より

伊方原発3号機(伊方町)の再稼働に向け、四国電力は5日の原子力規制委員会審査会合で、規制委による安全審査に関し、10月~11月に補正申請する方針を明らかにした。
会合で四電側は補正申請へクリアすべき課題として、四電が引き上げる方針の基準値震動(想定される最大規模の揺れ)620ガルでは耐震性を満たさないことが判明した緊急時対策所の対応▽審査会合での審議などを踏まえたまとめ資料作成▽基準地震動の検討――の3項目を提示した。
これらの作業は、並行的に進めているとし、緊急対策所の対策は、9月上旬の審査会合で説明できるよう準備していると報告した。
四電は2013年7月、過酷事故や地震・津波対策を強化した原発の新規制基準の施行日に安全審査を規制委に申請。規制委で審査が進んでいた。
手続きが先行する九州電力川内原発(鹿児島県)を例にとると、補正申請を受けた規制委は合格証の原案となる審査書案を作成。国民からの意見公募を経て、正式な審査書を完成させる。(山根健一)



 しかし、この延滞中に、伊方原発の敷地内では、激しく、増改築など得体の知れない建築工事がつづけられている。この責任をとりたくない「おみあい」中にも、燃料棒冷却その他の管理経費は、嵩んでゆく。おそらく、経営的には、四電は、つぶされるのではないか?

(クマ)


スポンサーサイト

伊方原発再稼働は、次年度。反対・抗議・監視は怠れない

7月26日(土)朝日新聞では、伊方原発再稼働は、次年度(明年4月以降)になると書かれています。
この間、四電のしていることは、再稼働に向けて、なので、反対・抗議・監視は怠れないと・・・

先日、日本山妙法寺の矢向さんたち(計8人)とゲート前抗議行動を致しましたが、例のゲートは、開けっ放し、セメントを、土くれを積んだトラックが、ビュンビュンと往復していました。社名が明示されているのは、庭園業のトラックだけで、あとは、まるで個人のような社名なしのトラックでした。原発施設拡充のための規制庁、治安対策の規制庁というのは、意味ないのでは?
川内原発稼働認可の際、安全に関しては、責任を持ちませんと大居直り発言でした。廃炉に向けて、工事するならまだしも・・・この時間稼ぎはそのまま、利権業者の営業販売実績を積み上げているのですから、一種の、刑事犯罪、未必の故意にあたるでしょう!
なお、今日から明日、伊方町から旧三崎・瀬戸町などへ、菅元首相が視察されます。「伊方の家」からは、八木さんが参加されています。


(クマ)

14/7/1 要請行動

7月1日(火)午前9時半 伊方原発ゲート前にて、規制委員(地震学)島崎
伊方原発調査訪問へ向けて、要請行動致します。「伊方の家」からクマも参加しますが、八幡浜から、近藤さん、斉間さんも参加される予定です。市議会が、地震問題の再調査を要請しています、この潮目をきっちり、読み、再稼働の津波を起こせればとねがいます。

(クマ)

伊方町長選

反原発推進派の小田々豊さん、107票。トップは、現市長の山下で、3000票を超えて当選。結局、失礼ながら、弱い者ほど強いものに頼るという図式は超えられませんでした。あと町長周辺の二人も、2000票以上獲得しています。伊方から廃炉の狼煙を!
は、今回はたされませんでした。小田々敗北の現状分析を徹底しなければ。しかし、貴重なのは、この地で、107人の反体制派が厳存することです。内部の確信が外部性へ展開するための橋渡しをしなければなりません。懸命に働くしかないという現状が告知されたわjけです。写真は、開票場景です。反核開発派にとって、伊方町長選は、重大な徴表です。義理のゲマインシャフトの勝利です。明日、シヴィアな地震と事故が起こらないように、と祈ることが、こんな惰性体を許す。どんなタネも仕掛けもない・・・この手続きが、自滅行為だと叫び回りましたが、負けました。
井戸川さん、木幡さんなど、「伊方の家」は、お招きし、原発事故の度しがたさを伊方中心に訴えてまいりました。そして、選挙通の小田々さんも、駆けつけ、即廃炉をなどなど訴えてもらいました。結果は、超安倍政権サイドのように思われます。「弱い者ほど強いものに同化する」という吉本隆明「マチュー書試論」の言葉など思い出しました。真の強さとはなんなのか・・・国家と私益事業者が、過疎のひとびとを利用し切るならば、こうした町長は、町民をないがしろにしかできないことになる。こんな背水の陣で、人類普遍的正義を訴え、真に固有な地域の富を守る闘いは、あらゆる局面で吹き出すことでしょう。大阪の原発反対集会で「非国民と呼ばれてもおそれはしない」とあの小出さんは熱弁しました。原発問題にふれられぬほどいたいけな原発立地の伊方町の明日をさらにさらに注目してください!
(クマ)




伊方原発 増改築

2014年2月11日。




2014年4月3日。



撮影場所がずれているし、天候も極端に違っているので、分かりにくいのですが、規制委員会の最終審査に合格していないのに、大胆に増改築しており、工場敷地内の活気は、2月のときより格段に増しています。手前のビルは、ヘリポートとして新設されています。後方の山を切り崩して、建てられているのは、免震棟とおもわれますが、海岸近くにあるビルもまた、免震棟だったと言われているようです。海岸と格納容器に近すぎるというので、山際に増設されたのではないか?
さらに、予備電源、予備の石油など津波の影響を避けて山際に施設を新設しているようです。一山切り崩してしまったわけです。朝夕の車のラッシュも相当なもので、第一ゲートは、ラッシュ時開放されています。規制庁規制委員会の基準に適合させるためにすら一大事業です。1.2号機は、それぞれ、77年、82年に稼働開始しています。1,2号機は、耐用年数をこえているとも考えられます。また3号機は、プルサーマル。最近、震度5の地震も起きており、三崎の旅館の主人のあるかたは、伊方原発に異常は発生しておりません、という街頭放送は、あまりにも拙速で、逆に、事故隠ししているのじゃないだろうかと不安だったと語っていました。さらに、津波に警戒してくださいという該当放送もありました。避難の困難な佐田岬の人々は、不安に苛まれています。(クマ)
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。