スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊方町へ要請!3月講演会会場

昨日2月26日(木)伊方町庁舎に行きました。


今日27日、愛媛新聞、毎日新聞(愛媛版)で報道されました。記事は、愛媛新聞、写真は、毎日新聞です。




脱原発団体 伊方町施設使用再申請 来月の講演会「住民に とって意義」

伊方町が脱原発を掲げる市民団体に町有施設の利用を拒否していた問題で、市民団体は26日、3月に計画している講演会を町施設で開催できるよう、町に要請した。
町役場を訪れた市民団体「伊方原発50km圏内住民有志の会」の堀内美鈴共同世話人(50)ら6人は、町の担当者に講演会の実施要項を手渡し「町の施設を使わせてほしい。許可されない場合は理由を文書で回答してほしい」と求めた。町担当者は「内容を確認し、条例に照らして内部で協議する」と述べた。
同団体によると、東京電力福島第1原発が立地する福島県双葉町の前町長の講演会を2月に企画。町施設から会場としての利用を一時認められたが、「原発の再稼働がはっきりしない段階では推進、反対問わず施設を貸すことはできない」とする町の意向で許可が取り消されたという。
3月の講演会は前回と同じく前双葉町長を招く予定。堀内氏は「事故を体験した人の話を聴くことは、同じ原発立地町の住民にとって意義がある。町施設を利用できなければ、知る権利の侵害になる」と話した。(小田良輔)【愛媛新聞2月27日朝刊】


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。