スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国電、伊方で造成工事 原発安全対策へ用地確保

四国電、伊方で造成工事 原発安全対策へ用地確保
2014/4/17 1:23

四国電力は16日、伊方原子力発電所(愛媛県伊方町)で用地確保のため造成工事を5月中旬から始めると発表した。2016年9月末までの工事完了を目指す。伊方原発の敷地面積は約86万平方メートルだが、平地は全体の4割程度しかない。安全対策に使う資機材を保管する場所がなくなってきており、造成工事の実施を決めた。
伊方原発は佐田岬半島の瀬戸内側に立地し、背後には山がそびえる。津波の影響を受けない山側を造成し、約4000平方メートルの平地を新たに確保する。これにより土砂が約18万立方メートル発生するという。四国電は東日本大震災後、伊方3号機の再稼働に向けて電源車や燃料保管用のタンクなどを新設してきた。今後、2号機も再稼働を目指すことになれば、安全対策の資機材を追加配備する必要がある。



以上、日経新聞WEBより。

4月11日ゲート前再稼働反対行動の日の前後、造成工事の、にぎにぎしさを感じていた。自然生態系の猛然たる破壊である。
再稼働に抵抗できない町長が選挙で選ばれて、財界の圧力がかかっての報道だが、今に始まったことではない。
こうして既成事実を積み上げて、反対運動を骨抜きにしてゆく。出来てしまったものを壊せとはいえまいというゴリ押し作戦である。

あの伊予灘地震、前福島県双葉町長、井戸川さん講演会、田中三彦さん八幡浜議会講演、福島県大熊町の明日を考える女性の声代表の木幡さん講演会、月例ゲート前再稼働反対行動、そのほか、再稼働断念の訴えを聴く謙虚さは、四電に微塵もない。福島の大悲劇をなめきっている。

山下町長の当選は、事故による伊方町壊滅の凶々しい狼煙といえる。これはそのまま、国家の終焉、恐慌の前兆。ソヴィエトがなくなったように。再稼働阻止の運動は、さらに強いものにならなくてはならない!

非難すべきは原発であるという運動をさらに拡大しよう!

明日は、福井高浜における井戸川さん講演会の準備などで、しばし福井県にむかいます。そのあと、Xバンドレーダー基地反対運動を支援してきます。基地問題は、原発問題です。

(クマ)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。